epmusicgene.com


看護と介護の違い

短期で悪くなって行く父親を見た時は壮絶でした ある日、食事をしている時に、その食事が喉を通らないということで、入院をすることになりました。 入院後も、父親の症状は、一ヶ月で進行して、一ヶ月後には話すこともできない状態となっていました。目の焦点も合わず、そんな父親は別の病気ではないかと思ったりしたのです。 その病院でも色々と検査を行いましたが、結局のところ、認知症という診断となりました。 父親は自宅に帰りたいと、何度もいっていましたが、介護をする私にとっては、そのように進行の早い人認知症の父親を見る自信がなくなったのです。 そのため、病院にお願いをすることを選択しました。 そのように思ったのは、在宅を介護する人間の使命であると思ったからでした。 しかし、ますます体の動きが悪くなるばかりで、よくなることがなかったのです。 介護をしている人間からすると、よくならないことに罪悪感を持ったりするのです。 そして私が見ているから、そbがよくならないのだと、自分を責めるようになっていました。 そのように脳梗塞になった時点で、回復する見込みがあまりないことを、しっかりと自覚をしておけば良かったと思っています。 そのときは少しでも、私が治すと言う意気込みを持っていたので、その気持に疲れてしまった所がありました。 年を取ると、治る病気と治る見込みがない病気がある事を、しっかりと自覚をして介護をすることが大切だと感じています。 訪問看護ステーションには時々、ルール違反のサービスを言ってくる利用者がいるようです。プラン以外のサービスをその日の気分で変えたがる利用者に共通しているのは、「ダメだとわかっていること。」ですから、事業所に今確認しますねと言うと要求を引っ込める利用者がほとんどだそうです。 ひよっこナースだと思われると、曖昧にしたら際限なく困ることになるから、介護サービスは、細かく厳しいルールがあるのだと思います。それも、先輩たち看護師が体験したケースに基づいてNGになったことも多いのだと思います。 父親の場合はわがままでした。痴呆が進んでいることもあり、せっかく来ていただいているナースさんにサービスには含まれていないことまで要求しているようでした。具体的には入浴や散歩などです。介護ヘルパーさんと違い医療に関することをお願いするはずの看護の方との区別がいくら説明してもついていないのが原因だと思います。 看護師パート.jp